読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Open your eyes

思いついたこととか、いろいろ

失ってからの精一杯のこと


仕事中に泣くという有様(仕事は関係なくて)。


やっと落ち着いたので書いてみました。

 

今でもまだ嘘みたいで、

エイプリルフールなんじゃないかって思ってる。

 

とてもお世話になった人の訃報が来ました。

 

お昼に連絡があって、間髪入れず涙が出てきてよくわからなかった。


身体は反応しても、あまりにも現実味がなかった。

 

自分の身近には絶対に起こるはずもないと

、勝手にそんな風に生きてきたことが覆されました。

 

一気に来る今までの思い出が、

それは全てとてつもなく鮮明で

声とか感触とか存在感とか含めて

8年ぶりくらいに思い出される記憶もあったりして

こんなに楽しい時間を過ごして

注意されて色々な困難から救ってもらって

こんなにも、こんなにも、

満ち足りた記憶に溢れてるんだって

気がついてしまってからもう駄目でした。

 

最後の方は、馬鹿野郎と心の中で叫んでしまっていました。

 

「大切な人」は、

自分が思っている以上に深いところにいる。

 

「友人」とか「知り合い」とか括ってるけど

失って何にも抗えない辛さを感じる人のこと。

 

電車の中でも泣くのこらえて、

花粉症による涙目のふりをして

どうしたらいいんだろう?

どうするべきなんだろう?

って解決策を巡らしながら

1時間の帰路を過ごしました。

 

わたしにできることは、悲しみに暮れずに明るく過ごすことだ!

こんな風に考えても違和感があった。

明るくしている自分があまりにも嘘っぽくて

嘘っぽくしてる自分に罪悪感のようなものが見えたのです。

 

でも、悲しいとウジウジしているのも嫌で。

悲しんでいるだけでは何も生まれないから。

 

そして悩んだ結果、今夜だけ、とことん哀しもうということにしました。

 

心に蓋をすることは、

わたし自身にも、あの人にも失礼だ。

 

そして家に帰ってから、布団に変な体勢のまま倒れ込んでシクシク泣いた。

外は雨の音がよく聞こえました。

自分の涙を助長するように。

 

沢山の思い出を、じわじわと感じながら、ひとつひとつに声を掛けました。

 

汚くになりながら、最後は感謝しか出てこなくなった。

 

それでも悲しみと感謝がせめぎ合ってるせいで身体が収まらなくて、足がバタバタと動いていた。

 

これでもかって勢いで座り直して、

ぎゅっと手を握って、目をつむって

 

今までの人生で一番本気のお祈りを捧げました。

心の喉がちぎれるくらいに、何度も祈りました。

 

これが、わたしにできる精一杯のことでした。

 

お世話になったことと思い出は、

あまりにも切なく残酷な形で

魂と共にずっと一緒に生き続ける。


そして、過ぎたことへ出来る力は何もない。


だから、恥のないようにしっかり暮らして生きたい。


祈るとは、人が出来る唯一の心の生だと。

 

 

 

 

 

傷付くのが怖くて好きだと言えないのなら


よく飲みに行く仲良しの女友達から

悲報が届いた。


それは、好きな人が仕事の事情で遠く離れた場所へ行ってしまうと。


予想はしていたけど、いざ決まったら電車内で泣いてしまったそうな。


私も彼のことは知ってる。


片想いで離れてしまうことが

どれだけ心臓がぎゅうっと締め付けられることでしょう。


伝えたくても傷付くのが怖くて

だから何も伝えられずに、

そのまま離れてしまうのか

本当にそれでいいのか

だけど怖い、惨めな自分。


好きですと言ってしまいたい気持ちと

傷付くかもしれないという気持ちが

誰に相談したらいいのか分からずに

グラグラと揺れて、

手紙さえ書いてみてもきっと

苦しさがが募るだけ。

切ない涙が増えるだけ。


本当は相談なんて、しても解決しない。

決めるのは自分だからね。


だけど、泣きたい時は

好きなだけ泣いてしまえばいいの。

馬鹿野郎って言ってやればいいの。

毎日、公共の場で泣いたっていい。

苦しむこと悲しむことを許してあげる。


そんな風に伝えてみました。

あとは俺の胸で泣け!!と。

誰?って感じだけど(笑)


遠く離れてしまうけど

会いに行くことはできる。

伝えに行くこともできる。

もう会うことも伝えることもできない人と比べたら、いいじゃないって。


会うこともできない

伝えることもできない

残るのは思い出だけ。

それに比べたら、とんでもなく幸せじゃないって。


わたしは、もう会うことも伝えることもできないのが、どれだけ苦しいことか知ってしまったから、


どこかにいるというだけでも救われる。


そっとしておいたままで離れて

もしそんな風に会えなくなっても未練が無いなら、

もう知らない他人になってしまってもいいと思う。


それが嫌なら、

会えるうちに会って

伝えられるうちに伝えなきゃ。


f:id:lisaponyoko:20170420212030j:plain

笑えるって素晴らしいことだわ

 

唐突ですが、昔から「何してるときが一番幸せ?」

と聞かれたら「誰かと大爆笑してるとき」と答え続けてきました。

爆笑じゃなくて、大爆笑ね。

アホっぽい。。

 

だけど心底幸せなので、爆笑しながら「今ちょ〜幸せ!」と

連呼するっていう、変な笑い方をします。

一緒にいるひともすごく嬉しいんだって。

 

だけど悲しみでドン底に落ちたとき、

身体も頭も動かないし、ただひたすら泣いて絶望して

真っ暗な空間にポツンといる感覚になる。

 

そんな風にしながら適当についていたTVを見ていたら

たまに見る番組「キスマイブサイク」が最後の企画を始めてた。

 

「キスマイブサイク」は、キスマイメンバーが「女の子がキュンとする台詞」を個人で披露して順位を競うっていう、なかなかイイとこついてる番組なんです。

 

録画はしてないけど、たまに帰ってきてから番組がついてると

ま〜見ちゃうよね。ニヤニヤしっ放しですよね^^

すごくストレス解消して安らかに眠れます(笑)

 

そしてそれを昨日偶然見ていて、

苦しいのに笑ってる(ニヤついてる?)自分に気づいたら

「あ、わたし笑えてるわ...」って客観的に感じたんです。

 

笑えてることに奇跡を感じるなんて

どれほど悲しんでたのかって話なんですけど、

本当に辛いときって呆然としちゃってる。

 

泣くとか怒るとか罵るとか殴る蹴るとかいう感情を飛び越えて、呆然としてしまう。

 

そういうとき。

自分ではどうすることもできない悲しみを乗り越えるには

無理やり笑うんじゃなくて

笑えるようになったら、それに自分が気がついて

「笑ってるじゃん」って認めてあげる。

ちょっと冷静になれてるんだな〜と思う。

当たり前に笑えるって、奇跡のようです。


f:id:lisaponyoko:20170418134031j:plain



なんか違う

 

違和感って、頭で考えると堂々巡りするんだけど

直感こそが大事なんじゃないかと最近思う。

 

昔、憧れていたひとと親密になるにつれて

「他人の不幸はどうでもいい」的なことを言ってたので、ものすごく葛藤した。

 

葛藤したということは、違和感があったからだ。

 

自分を犠牲にしてとか、私生活を棚に上げてとか

そういうことではなくて

 

自分が満ち足りていたら、

その余裕で誰かを助けるっていう本能が

幼い頃から備わってたんだと思う。

何も考えずにせっせとユニセフ募金活動してたけど、

あれは本能的だったんじゃないかしらん。

(そういえば、昨年度までの4年間NPO法人かものはしプロジェクトさんのサポートメンバーさせて頂いておりました。)

 

 

 

そのひとの哲学を批判する訳でもなく、

あくまで自分は「こうなのだ!」と納得するまで

結構時間がかかりました(汗)

だって右も左も分からない若造だったんだもん。

 

砂漠地帯にメシアが現れたけど、教えに違和感を感じて

他に頼るひとが見当たらないのに

ポンコツな自分を信じるって勇気が要るもんだ。

 

ポンコツなりに持ってるわたしの哲学は、

困っているひとを助けるって

もし自分に余裕がなくて出来ないときはしなくていいと思う。

変に罪悪感になっちゃうから。っていうね。

 

その代わり、出来る状態になったらそうします!って心に誓ってる。

 

例えると 、大好物のLotusビスケット。

ジンジャー味で美味しいんですけど、

1つしかないときは自分で食べる^^;...

2つあったら、お腹が空いてるひとにあげるってことです。

 

(心の余裕0個になってしまっているときは、案の定ひとに迷惑かけまくりで、本当にごめんなさい!!涙、って毎晩寝る前に凹んでます。今月とか。)

 

f:id:lisaponyoko:20170418171646j:plain

「仕事がデキる」って結局どんな人か

 

「仕事がデキる」より

「デキる」という言葉が溢れている気がする。

 

「デキる」を連呼してると、何だったのか分からなくなったり(笑)

 

かつては「デキる女」と言われたいというか、

その空間が「デキる女こそ最高!」という価値観の方が多かったので

自然と処世術が身についたのだと考えていますが、

どういう基準だったのかと思い返してみると単純に

「気が効く」だったのではないかな〜と。

 

....気が効く上に結果を出す人間。みたいな?

 

そう考えると、空間やコミュニティごとに「デキる」基準が変わってくるようです。

 

自他チームの特性を把握してゲームの流れも読める凄腕ピッチャーは

もしかしたらシンクロは全然ダメかもしれない。

揃って足がまっすぐにならないかもしれない。

同じ集団スポーツだけど。。

 

わたし自身は、病気かなってくらい不器用で

勉強も含めて芽が出るまで2年近くかかり、

苦手科目はほぼ赤点(これほんとっす笑)

 

「コツコツ人の倍やらないと追いつかない」と17歳くらいで悟ってから、そういう仕方のない人間なんだって、自分のことを思うようになりましたけど。

(スポーツはあっという間に習得するのに笑)

 

そう、誰も知らないところでエッサエッサと畑を耕すタイプです。

そんな風に見えないらしいのが、まるで工作員のよう.....。


f:id:lisaponyoko:20170418144645j:plain


このまえ黙々とお茶碗作りました。

完成までの地道な作業が見えない感じ?

かなり緊張した。

 


.....要は何が言いたいかというと、

『新しいことに取り掛かって上手くいくようになる期間が短いひとが羨ましい』ということでっす!!!!

 

でも最終的に、追いつけると信じてる。

 

ただし要領が良くないせいで、周りに迷惑ばかりかけてる(半年前に異動した)というフラストレーションを、いかに糧にするかで葛藤中なのです。

 

本当に、皆さまごめんなさい。

 

これが出来なければ島流し!と言われても、まだ間違えてしまうと思う。

 

5回ぐらいチェックして間違えるって、とんだ阿呆ですよね。。

脳みそちゃんと入ってんのかな。

 

将来の自分が今の自分を鼻で笑ってるんだろうなとか考えながら、他人にかけてる迷惑分、誰かを幸せにしていこうと、踏ん張っていきます。

 

 

 

 

 

子供と大人の刹那

もう戻れないかもしれない

戻る気もしない

 

だけどもう一度戻ったなら

わたしは何をしたでしょう

 

後悔は恥

未練は負けよ、と思いながら

過去のわたしは少し悲しい顔をしてる

そんな気がする

 

可愛らしい姿に

柔らかく艶めく髪

全身からほとばしる生命力に

怖もの知らずな小さい子供

 

どうして悲しい顔をしているのと

隣に座って聴いてみる

 

本当は怖い

一人になってしまうのが

怖がっていると誰も振り向いてくれない

だから平気なふりをしているの

自分でも気が付かないように

いつも走り回ってるんだよ、

膝を抱えてそんな風に言う

 

とても、

とても美しく透明な水分でできた身体

シャボン玉みたいに

触れそうで壊れやすい何か

風に吹かれたらどこへ行ってしまうのか

美しさとは儚いものの

ひとつだけで、その場に留まる力が欲しい

だから

それをそっと包んであげる

 

きみは

おまえは

あなたは

もう一人じゃない

数十年後のわたしが声をかける

 

目の前にはもういないけれど

消えてしまったわけじゃない

わたしの中に、いつまでも

 

 

 

入社2年目に気付いたこと

 

何度か、人生とは営業だ!と悟ったことがある....。

 

なんだそれって感じだけど。

 

「サービス・商品を売る」

「自分・ひとを売る」

 

わたしは後者が圧倒的に得意なのですが

理由は至ってシンプルで、

得手不得手やできる範囲がわかり切ってるから

提供先を助けることができる自信があるということ。

 

例えば「⚪︎⚪︎で困ってる」と言われたら

自分ができるなら力を貸して

自分よりもっと優れているひとがいれば紹介する。

(気が付いたら自分も紹介されてる)

 

優れているというのは、相談主との相性もすご大事だけど、

「このひとになら任せられる!」という勘しか、正直無い😅

 

個人でやってる人材派遣のような感覚。

しかも自分が信頼を寄せているというお墨付きで。

 

このひとと、このひとを会わせても違和感がなさそうとか

お互いも楽しんだり助け合えそうとか

話してるとなんとなく見えてくるんです。

 

 自分ができないことで即効性が求められる能力に関しては、

例えばお医者さんとか絶対無理だし、

やっぱり現役専門家に任せた方がいいじゃない?

 

だけどその代わり、

お医者さんと同じくらい

自分のできる役割にエッジを効かせる。

「コレと言ったらあの人に!」という会話に、自分の名前が出ること。

 

専門職じゃないから、自分で自分のエッジを磨きまくって切れ味最高にして

更には宣伝おかないといけない

 

そして毎回、101%でやってあげる。

 

他人の能力はお金で買えるけど

自分の信頼はお金では買えない

 

人生は営業と言うと息苦しいけど、

恋愛だって同じかもしれないし

そうじゃなきゃ、誰とも支え合えないからね。

 

f:id:lisaponyoko:20170418154435j:plain

 

なんとなく、雑草🌼