読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

入社2年目に気付いたこと

 

何度か、人生とは営業だ!と悟ったことがある....。

 

なんだそれって感じだけど。

 

「サービス・商品を売る」

「自分・ひとを売る」

 

わたしは後者が圧倒的に得意なのですが

理由は至ってシンプルで、

得手不得手やできる範囲がわかり切ってるから

提供先を助けることができる自信があるということ。

 

例えば「⚪︎⚪︎で困ってる」と言われたら

自分ができるなら力を貸して

自分よりもっと優れているひとがいれば紹介する。

(気が付いたら自分も紹介されてる)

 

優れているというのは、相談主との相性もすご大事だけど、

「このひとになら任せられる!」という勘しか、正直無い😅

 

個人でやってる人材派遣のような感覚。

しかも自分が信頼を寄せているというお墨付きで。

 

このひとと、このひとを会わせても違和感がなさそうとか

お互いも楽しんだり助け合えそうとか

話してるとなんとなく見えてくるんです。

 

 自分ができないことで即効性が求められる能力に関しては、

例えばお医者さんとか絶対無理だし、

やっぱり現役専門家に任せた方がいいじゃない?

 

だけどその代わり、

お医者さんと同じくらい

自分のできる役割にエッジを効かせる。

「コレと言ったらあの人に!」という会話に、自分の名前が出ること。

 

専門職じゃないから、自分で自分のエッジを磨きまくって切れ味最高にして

更には宣伝おかないといけない

 

そして毎回、101%でやってあげる。

 

他人の能力はお金で買えるけど

自分の信頼はお金では買えない

 

人生は営業と言うと息苦しいけど、

恋愛だって同じかもしれないし

そうじゃなきゃ、誰とも支え合えないからね。

 

f:id:lisaponyoko:20170418154435j:plain

 

なんとなく、雑草🌼