読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

傷付くのが怖くて好きだと言えないのなら


よく飲みに行く仲良しの女友達から

悲報が届いた。


それは、好きな人が仕事の事情で遠く離れた場所へ行ってしまうと。


予想はしていたけど、いざ決まったら電車内で泣いてしまったそうな。


私も彼のことは知ってる。


片想いで離れてしまうことが

どれだけ心臓がぎゅうっと締め付けられることでしょう。


伝えたくても傷付くのが怖くて

だから何も伝えられずに、

そのまま離れてしまうのか

本当にそれでいいのか

だけど怖い、惨めな自分。


好きですと言ってしまいたい気持ちと

傷付くかもしれないという気持ちが

誰に相談したらいいのか分からずに

グラグラと揺れて、

手紙さえ書いてみてもきっと

苦しさがが募るだけ。

切ない涙が増えるだけ。


本当は相談なんて、しても解決しない。

決めるのは自分だからね。


だけど、泣きたい時は

好きなだけ泣いてしまえばいいの。

馬鹿野郎って言ってやればいいの。

毎日、公共の場で泣いたっていい。

苦しむこと悲しむことを許してあげる。


そんな風に伝えてみました。

あとは俺の胸で泣け!!と。

誰?って感じだけど(笑)


遠く離れてしまうけど

会いに行くことはできる。

伝えに行くこともできる。

もう会うことも伝えることもできない人と比べたら、いいじゃないって。


会うこともできない

伝えることもできない

残るのは思い出だけ。

それに比べたら、とんでもなく幸せじゃないって。


わたしは、もう会うことも伝えることもできないのが、どれだけ苦しいことか知ってしまったから、


どこかにいるというだけでも救われる。


そっとしておいたままで離れて

もしそんな風に会えなくなっても未練が無いなら、

もう知らない他人になってしまってもいいと思う。


それが嫌なら、

会えるうちに会って

伝えられるうちに伝えなきゃ。


f:id:lisaponyoko:20170420212030j:plain