読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若くても老いてしまう

 

先日知人の紹介で知り合った人が、「スマホを始めたんだ」と言って鞄に手を入れた。

 

古そうな巾着袋からそっと出したそれは、確かにLGのスマホだった。

 

器用に画面を開き、指でちょんちょんとタップしている。

クリーム色の薄手のジャンパーの両袖は、几帳面に三つ折りされていた。

その日は小雨が降っていて、中で脱いでからでいいのにと思いながら

全体の上品さに嫌な感じは全くしなかった。

 

「悪いんだけどLINEの写真が見られないから教えて欲しい」と言われた知人は、こうやって開いて、画面を大きくするにはもう一度写真をタップするんですよ、と教えてあげた。

 

そうか!名前を押さないといけないのか!

では、この写真は指でもっと大きくできる?

 

”ピンチインアウト”のことを言ってるのだろう。

 

わかった、なるほど〜有難う。

では今一度復習してみたい。こうやって、こうだね。

よし、もうできる。

 

ふと見たら、この前よりLINEの友達が増えてた。

息子に少しイジってもらったんだとか。

へぇ、と感心していたら、「1人じゃ使い切らないからね」とお礼に小さいアリエールをくれた。

 

この人、あとになって分かったことで、

90歳のお爺さんだったのだ。

 

確かに見た目は明らかにお爺さんでも、

買い物も自分でして自炊生活、

PCでメールもしているしLINE使い始めたり

飲み込みが早くてとても90歳には見えない。

70代後半くらいに見える。

 

心の底から感心しながら、祖母のことを想った。

 

彼女は83歳なのに外出はヒール、

顔筋マッサージも欠かさず美意識が高い。

姿勢もまっすぐでスタスタと歩く。

 

「今度、若い人たちとお茶会することになったの」

 

どんな女子会なのか聞いたら、みんな70代前半らしい。

 

若い人........!!!笑

 

そうですよね、83歳からしたら70歳はかなり歳下ですから。若い人ですね。

 

それでも「女子会♩」と楽しそうに話す祖母を見ていると

見た目はお婆さんでも心と目の輝きは私と変わらないのではないか、とさえ思った。

一応祖母なのに、会話の内容が友人みたいだった。

 

きっと若い友人たちも心は若いままなのでしょう。

 

かのスマホお爺さんも、息子にLINEイジってもらったと言えど息子の年齢って....ちょっと!!!と、その人生の長さと時代の移ろいに驚愕した。

 

そもそも自分の年齢を3倍しても足りない人生。

思春期に戦火をくぐり抜け、TVも無い時代から、

自分の年齢を2倍にしても届かない息子と

親子でスマホを使う時代。

 

ボケ防止でね、と言って恥ずかしそうに聞く訳でもなく

ただ少年のように聞いて、出来たら喜ぶ、それだけだった。

 

「もう私には無理だ」「年寄りだから」

と言って新しいものに取り付かない気持ちが

本当の老いなのではないか。

 

何歳になっても新しく挑戦し、

失敗、成功、学びに貪欲なのが

本当の若さなのではないか。

 

気にかけるのは健康年齢でいいと分かりながらも

心の奥底で年齢を気にしている私たちでありますが、

若々しい80、90代と話していると

自分はまだ生まれたてのヒヨっこのような気がしてならない。